献立 あがり。

f0189321_040452.jpg


どんなご馳走も食べ切る時がくるもので…。天守の馳走も総て終了いたしました。

何も無くなった空間で「ありがとうございました」と一礼。

本当に色んなことが駆け抜けた怒濤の二ヶ月でした。

今、振り返れば、一杯生きたなぁと思います。

でも、相変らず芝居が好きな私は、かわっていません。

さぁ、葛の貝殻を脱いで、また、新しい少し大きめの貝を求めてスタートします。

長い間お付き合い下さった皆様にココロを込めて、ありがとうございました。

また、いつかどこがで逢いましょう。

そして、ごちそうさまでした。


# by yugikukan2 | 2008-11-25 00:40 | 稽古場日誌

天守 献立 その伍

お待たせいたしました。
いよいよ、待ちに待った、お召し上がりの時がやって参りました。
「たたき作業」「衣装パレード」「仕込み」「ゲネプロ」…etc.を終え明日は晴れの祝祭・お披露目の日です。

本当に今までに召し上がった事のない「天守物語」という献立を眼で耳で心で身体でご賞味頂けます。
甘み、旨味、辛味、酸味、苦味…全てをご堪能していただけると・・・自信もってお薦めいたします。

お客様がお客様を呼び、三つ星の一品となりますよう…心より祈って舞台に立ちたいと思っております。

今からでも充分間に合います、どうぞ銀座にいらしてください。でないとキット後悔します。


美しい富姫様、可愛い亀姫様、凛々しい図書様、シャイな笑顔の修理様、僕が似合う九平様、
汗の似合う盤坊様、お目々パッチリ舌長姥様、渋い桃六殿、よーく気のつく桔梗さん、
まかしとき!そんな感じの萩さん、あったかい優しさの女郎花さん、どこまでも頼もしい薄さん。
お茶目でかわいい女の童さん達、清々しい討手さん。


修理と声がそっくりでコンピューターの頭脳を持つ、舞台監督の浜辺さん。

演出の抽象的な表現に的確な音をあててくださる、音響の山田さん。

光の貴公子、照明の池上さん。

奇抜なアイデアでお仕事の早い笑顔の素敵な、衣装の竹内さん。

何から何まで一人で背負ってくださった、演出助手の田中さん。

会場を縦横無尽に全身全霊でシャッターをきる、写真家の宮内さん。

私たちの一瞬を末代まで素敵な映像で残してくださる、大塚さん。

天守物語の宣伝マンを誕生させた、宣伝美術の前嶋さん。

夜中まで頑張ってくださる、制作の増坂さん。

寡黙で的確な、文藝部の荒井さん。

そして、世界一熱い板長、演出の篠本さん。

皆さんの熱い想いを一杯に受け、明日、「天守」は「披露の宴」です。

こんなに素晴らしいスタッフと、そしてそして、かけがえのない役者の皆さんと一緒に銀座に大きな打ち上げ花火を上げられる幸せを想い、葛は、なかなか眠れそうにありません。


# by yugikukan2 | 2008-11-20 02:20

天守・裏献立 伍の巻

f0189321_1240104.jpg

稽古から離れますが・・・。

稽古終えて帰宅し、クタクタに疲れているにもかかわらず、急におでんが食べたくなりました。

セブンイレブンでなく深夜営業のスーパーに走る余力が自分に残っていたとは…食欲は偉大です。

馬鹿だなぁ自分…夜中の3時までかかって、今秋、初めての鍋一杯のおでん完成っ!!

牛筋と昆布の出汁がきいていて、思わず一口二口、、、美味しいっ!

最後のスープでうどんを煮込むと、これがまた、おつなんですよ。

さっ、これで何日かおでん三昧です。

あと10日、色んなモノに力を頂きながら、追い込んで追い込んで頂上を目指します。


# by yugikukan2 | 2008-11-10 12:40 | 稽古場日誌

ガラスの仮面

有名な熱血演劇マンガだ。いつか、稽古後の飲み会でこの話が出た。演劇人の間では、かなりの確率で読まれている作品だ。実は、いまだに完結していないのだとか。テレビアニメでもやっていたことがあるし、ご存じの方も多いのではないか。一言で言えば、野球少年にとっての「巨人の星」、サッカー少年にとっての「キャプテン翼」みたいなもんである。

その有名なシーンでこんなのがある。
主人公の女優が、本番舞台で、役に目覚めて迫真の演技をする。しかも、稽古とまったく違う動きをするのである。

それを見ている関係者たちは、

「・・・今までと違う!すごい・・・!役に、役になりきっている!!」

脇役たちは、これまでと違う主人公の動きに合わせ、舞台裏のスタッフたちも、打ち合わせしていない動きに合わせて素早く対応する。

「あんなのありえーねーよなあ!!(笑)」

この話しになると、みんなで笑った。

演技での動きというのは、基本的にはすべて約束事だ。舞台にある程度の人数が立っていて、めちゃくちゃな動きをしているように見えても、実は、決められた動きをしている。やり方は、演出家によって違うが、舞台に登場する場所と、最終的な立ち位置を確認して、その動きをどのようにするかを、稽古を重ねて決めていく。これを、「動線を決める」という。動線が決まってから、照明スタッフが光を当てる場所や、その強さを決める。また、音響も音を出す場所をそれによって決めることがある。

だから、打ち合わせもなしに、役者が、しかも主役が本番で好き勝手やってしまったら、大変だ。脇役もスタッフも大慌てであろう。考えただけでも恐ろしい。

このありえないシーンは、巨人の星であれば「大リーグボール」、キャプテン翼であれば「オーバーヘッドキック」に当たる。つまり、作品を読んだ人に夢を与える、大事な大事なシーンなのだ。

だから、みんな現実にはありえないと分かっていても、このシーンは大好きである。

大リーグボール、オーバーヘッドキック、そして、ガラスの仮面の奇跡の場面に共通しているものはなんだろう?主人公が、野球を、サッカーを、演劇をなによりも愛していて、死ぬほどの努力をした、その結果であるということだ。

さすがに、漫画のようにはいかないけど、「ガラスの仮面」の主人公が味わった充実感には、役者の誰もが共感するし、たぶん同じものを味わっている。筆者は野球経験者だが、漫画の主人公も実際の人間も、グラウンドで味わっている充実感に差はないと思う。

本番まであと12日。誰もがガラスの仮面に主人公になるための努力が続く。


原田務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-11-08 14:27

天守・裏献立 四の巻

f0189321_8323748.jpg


とある会場の入口で、全力で目立っている私達の宣伝マンを見つけました。

精一杯、自己主張する姿に思わず熱くなりました。


今、正念場!!

気張れっ、我天守の宣伝マン!!

私達も全力で頑張っております。


# by yugikukan2 | 2008-11-08 08:32 | 稽古場日誌

金太郎飴

葛ねえさんが、芝居を料理に例えてくれてます。

私はこう思うのです。

遊戯空間の芝居は…天守物語は…

金太郎飴
だと…


いや、別に私ごときが、文字を大きくして力説するほどのことではないのですが。

そして、決して、どこを切っても「同じ」と言う意味ではなく!

舞台美術からはじまって、役者の立ち位置。動線、動作…ひとつひとつが、どこに至っても美しい一枚の絵のように綿密に作られています。

セリフも、音も、どこの一瞬をとっても…いいんです!綺麗なんです!


だから、とてつもなく長く連射できるカメラで、作品を撮影することができたら、出来上がった写真は、どれもそれぞれに「絵になる」ことでしょう。(お前が崩すな!ともう一人の私が私に言う)

音も断面を見ることができたら、やっぱり「絵になる」のです(お前が崩すなよ!と又言う)


関係者一同心血を注いで、「世界」を創生中です。




昨日、客席から「天守物語」の本番を見ている夢を見ました。

客席? え~~! 客席ぃ~??

ああん、皆さん、見捨てないでねぇ~♪


リーフチャイルド@萩
# by yugikukan2 | 2008-11-07 16:21 | 稽古場日誌

天守・献立 その四

今日の稽古場のぞき穴…「通し」

今日は記念すべき初めての通し。

さてさて、そろそろ終盤に近付いてまいりました。

「通し」とは途中で止めないで初めから終いまで本番通りにやり通すこと…。

照明など効果は入りません。

「では、どうぞ!」との演出の一声でひとりの役者が静かに語り始めます。

まさに音連れ(訪れ)の瞬間です。

皆の集中がその瞬間に、空間を一杯にしてゆきます。
私はこの時の張詰めた神聖な空気が、怖いけれど大好きです。

そこから始まることへの期待感で一杯になります。

そして……終いまでゆくと、何処からともなく「ふうっー」と息を吐く音が聴こえ、終息。

でっ、、、演出の「駄目だし」となるのでございます。

お料理で言えば「通し」は、板長独特の隠し味をつけた素材を控え目にした味付けで更に心込めて煮炊きする…そんな感じでしょうか。

夫々の素材達が良い分量で主張し、その上で一つになる時間でございます。


さあ、お召し上がりが近付いて参ります。
そろそろココロの準備をなさってくださいまし。



追伸 : シャッターも切れぬ空気ゆえ、今日のお写真はご勘弁くださいまし。
# by yugikukan2 | 2008-11-03 23:36 | 稽古場日誌

セリフの言い間違い

稽古では、よくあることだ。

去年、「夜叉が池」の稽古の時、僕はすごいのをやった。
事情があって、本格的に稽古に参加できたのが、本番の一か月前から。立ち稽古に入っていて、先輩役者たちを前にして緊張しまくり。・・・で、やってしまったのだ。僕の役は、「虎杖入道」。これで「いたどりにゅうどう」って読むのだけど、名乗りのシーンで、

「いたでりにゅうどうー!」

と、思い切り言ってしまったのだ。「ど」が「で」に変わっただけなんだけど、えらい印象の違い。一年以上経った今でも、遊戯空間の伝説として語り継がれている。

でも、まあ、本番でやらなきゃいいの!

・・・実は、家で練習するときも、たまにあるんだよね。

僕の今年の役は、山隅九平。見た目のとおり、「やまずみくへい」と読む。
家で、セリフの練習するときは、自分のイメージどおり言えてるかどうか、チェックするために、声を録音することもあるのだが、昨日、録音した中で、思い切り

「やまむぎくへい向こうたり!」

と言っていた。「やまむぎ!?」録音したものを聞いてびっくり!一人でしばらく笑っていた・・・。
でも、これが自主練の時でよかった。もし、稽古中にそんなこと言おうものなら、叱られるだけでなく、一年間は、「やまむぎ」と呼ばれたことであろう。

重ねて言うけど、稽古中の話だよ!当たり前だけど、本番では絶対にやらないよ!(たぶん・・・)

引き締まった本番舞台の前には、こうやってバタバタ喘いでいるわけだよ。一般の方々には、お見せできなくて残念だなあ・・・。

原田務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-11-03 09:00

もう11月・・・(-。-;)

月日の流れは早いもので、今日はもう何と11月(-。-;)焦る焦る・・・
あれやって、これやって、の日々は続く。

いつものことだが稽古に入ると、日常より睡眠時間は大幅に減り、食事も不規則、野菜不足。
普通の人より睡眠時間が必要な私の身体は、悲鳴をあげ始める。( ̄□ヾ)ネムー
富姫様の強靱な身体が羨ましいよぉ。

そこで、この辺で気合いを入れなければ!!

★ 稽古前のポニョさんと喫茶店でデートの会話 ★

「ふっち~、あのね、お願いがあるんだけどね、いつでもいいんだけどね。」
「うん、なに?なに??」
「そろそろ行きたいの」
「あ、いいよ。今日行こうよ!」
「え?今日?」
「え?駄目?」
「いいよ!」

・・・と昨日は稽古終了後、A氏とポニョさんと三人で、待望の焼き肉。

帰り道歩くのが大変なほど食べまくった。
胃下垂の私は「腹の下がポニョ」状態・・・o(〃^▽^〃)oあははっ♪

いつも精一杯やっているが、今日から焼き肉パワーで突き進むのだ!

ふっち~@亀姫
# by yugikukan2 | 2008-11-01 11:43 | 稽古場日誌

うわー・・・!!

ブログ書き込んでやろうと思ったら、もうこんな時間だあああああ(T_T)

いろいろやることあるとこれだよ、まったく・・・。

と、いうわけでもう寝よう。寝るのも稽古の一環。飲むのと同じくらい大事。

あー・・・ビール飲みてえ・・・グラスでもなく、ジョッキでもなく、樽ごと飲みてー・・・
でも、今日は寝る。

ブログは明日にしようっと。

おやすみ(^-^)♪

原田 務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-11-01 00:49

天守・裏献立 参の巻

f0189321_23452219.jpg


天守の皆で乗り込む劇場・銀座みゆき館劇場!

一年振りに行った劇場は懐かしい匂いで迎えてくれました。

所狭しと並んでいる他劇団の物品の中で折り込みしながら、古巣に居る様な気持ちになりました。

「もうすぐ、みんなで参りますから!待っててくださいね」呟きながら劇場を後にしました。


# by yugikukan2 | 2008-10-31 23:45 | 稽古場日誌

天守・裏献立  その壱 その弍

f0189321_0435331.jpg

f0189321_0435363.jpg

壱の巻(写真上)

今回、私達の衣装のお仕立てをして下さるのは、竹内陽子さん。
演出のイメージをデザインに起こし、それを形にしてゆかれる模様です。
凄く楽しみです!
そして凄く期待しています!
今日、デザイン画・第一縞を入手しました。
独創的でステキです。一足先にお目にかけますね。
ん ?!
少し紗がかかっている……ご容赦ください。
本番を楽しみにお待ちくださいまし。

弐の巻(写真下)

防災訓練グッズでは、ございません。
私達にとって欠かせない小道具です。
夫々の役者が稽古場の物を動員し、また自宅から持参し小道具で使うのですが…。
この4点グッズが何になるのかは、天守の夢の為、敢えて明かさないことにいたしましょう。
これも本番を観てのお楽しみ!
もしかしたら、本番でも解らないかもしれませんが、、、。


# by yugikukan2 | 2008-10-28 00:43 | 稽古場日誌

ようやく出番だ!

立ち稽古が始まって、いよいよ細かい部分に入ってきた。

場面場面を、非常に細かくやるので、後半の後半が出番の僕の順番は、なかなかまわってこない。チラシにあるとおり、「天守物語」の前に泉鏡花の短編朗読があるのだが、こっちの稽古のみで、なかなか本篇の出番のシーンまで来ないまま、一週間くらい過ぎたのかな・・・。僕には100年くらいに感じたけど。

先輩役者の演技も勉強になるし、このようになるとは、演出家から前もって言われていた。でも・・・でもね、こう自分の場面がないと・・・正直、寂しかった・・・。寂しかったのよー(号泣)
小学校の時、習い事のせいで友達と遊べなかったのと、ちょっと似た気持ち・・・。飼い主にかまってもらえない子犬の心境(子犬になったことないけど)ってとこだろうか。

まじめに、「あのシーンさあ・・・カットすることにしたから」と、演出に言われる夢を一回見た!そりゃあ、ぶったまげたよ!夢でよかったと思ったよ!!

それで・・・それでね、今日、演出が言ったんです。

「明日は、後半をやるから、ちゃんと当たっといて。」

うおー!!やったあー!!!僕の仲間の小田原君(あ、役名ね)は、「はい」なんてクールでいたけど、よくクールでいられるねえ・・・僕より全然年下のくせに、いったいなんなの?その落ち着きは?

僕なんか、有頂天よ!超ハイテンションだよ!!厳しい稽古になると分かっていてもだよ!!

ふっふっふ・・・待ってろよ、姫川図書!山隅は、こえーぜー!正坐は苦手だけど。


原田務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-10-26 23:57

天守・献立 その参

f0189321_0575526.jpg


今日の稽古場のぞき穴…「立ち」

「荒立ち」でざっと決めてきた居どこや動線を更に緻密に深めてゆきます。

まるでジグソーパズルのピースを嵌め込む様に…。

そして鏡花の言葉を立ち上がらせてゆきます。

台本を放して、身体ひとつで相手と向き合います。

台詞が身体に入っていると信じて台本を放すのですが…やはり人間、、、言葉が何処かへ行くこともあるのです。

そこで活躍するのが「プロンプター」。
今は演助が、目線に唆と本を構え、空気を読み絶妙のタイミングで台詞を飛ばします。


お料理でいえば「立ち」は、色々な調味料を加えて愛情込め、煮炊きする作業。

板長(演出)の脳細胞は破裂する程に、キット何人分もの仕事をしてるはず…。

素材達は板長に身をゆだねているのですが、自身でもどうやったら…と闘い、試行錯誤でございます。

そろそろ、遠くから微かな香りが、、、!?

でも、全容解明は、まだまだです。


# by yugikukan2 | 2008-10-24 00:57 | 稽古場日誌

☆週に1度のお休みでした☆

今日は稽古がお休み♪

そこで・・・共演者、古田美奈子さんの公演の案内です。
彼女は東演の女優さんで今週末から本番なんです!!
私のお肉をあげたいくらいスラ~ッとした体形で美人でうらやましいのなんのって・・・
いつか、スラ~ッと美人になりたいものです(悲)

古田美奈子さんの公演です。

『 劇団東演 空ゆく風のこいのぼり 』
新宿紀伊國屋ホールにて10/25(土)~10/31(金)まで1週間やっております。
詳しい内容は・・・ごめんなさい、わかりません・・・
なので、きっと東演のホームページか何か見たらわかると思います(汗)

是非、観にいってくださいね。
もちろん、私は伺いますよ!

がんばり屋さんの美奈子さん、身体に気をつけてね。楽しみにしてます☆

∞崖の上のポニョ∞
# by yugikukan2 | 2008-10-22 23:08

ガソリン補給

稽古の後のガソリン補給。
今回のメンバーでは、大事な大事な大事な毎日のイベントである。

毎日というのは、決して大げさではない。毎日誰かしら、飲みにいくのだから。
稽古場の近くには、安くて美味しい店がたくさんあるしね。あ!場所は教えないよ。パパラッチが怖いからね(笑)

こう言うと、飲み助ばかりに思われがちだけど、必ずしもそうでもない。宴会にはお酒を一切飲めない人も参加する。演劇なり、恋愛なり、結婚なり、スポーツなり好きなことを語る。

ガソリンにも、いろいろあるのだ。

宴会にて、

ある者は酒に酔う。
ある者は、仲間との会話に酔う。
そして、誰もが、ほんの少しずつ、自分に酔っている(笑)

さて、本番まであと一か月!


原田務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-10-21 09:13

天守・献立 その弐

f0189321_0242358.jpg


今日の稽古場のぞき穴……「荒立ち」。

本に沿って役者の動線や居どこを一つずつ当たってゆきます。
演出から舞台模型とユニークな人型を使って説明があり、実際に舞台と同じ「場みり」がされ、その中で役者が動いていきます。

今迄は言葉がイメージと共に飛び交っていたのですが、今はそこで素材たちが実際に動いております。視覚と聴覚、触覚などと様々に感覚が働いていきます。
それはそれは面白いです。

料理で言えば、和・洋・中華?
下ごしらえした素材を煮ましょうか、炒めましょか、揚げちゃいますか、、、?!
という感じでしょうか。

お出し出来る献立までには、まだまだ長い道程でございます。
素材達は勿論、板長の演出も心身全霊で奮闘しております。

因みにツラツラと気持ち良く書いておりますが、足りない処は、どうぞ皆様、
付け足しの程お願いいたします。



追伸: あの、、、帰り道に気づきました。
 恥ずかしながら、葛は、今夜稽古場で、ひとつ歳をとりました。
  齢は…申しません、 妖怪ですから(笑)。
 特別な日を稽古場で大好きな方達と、、、、幸せです。
# by yugikukan2 | 2008-10-19 00:24 | 稽古場日誌

立ち稽古が恐い…?

昨日から立ち稽古に入っています…ってことは、原田君の記事でおわかりだと思います。

演出から「浴衣で」と指示がありました。


「ああ…数年前の芝居で使った浴衣は…」


ない!!Σ(|||▽||| )
どこにもないっ!    …どうやら引越しやらなんやらで行方不明 ほえぇぇ((ノ)゚ω(ヾ))

急遽、友人よりお借りしました。


・・・・・・・・・・・・・・・


ん? これ着て稽古するのかい? 年齢もメンバー中、上位の私がっ??


・・・・・・・・・・・・・・


きっと、爆笑の渦を巻き起こすでしょう……。(ひんしゅくかうかもΣ(|||▽||| ))




リーフチャイルド@萩
# by yugikukan2 | 2008-10-17 12:50

プランは大切!

稽古の帰り、家の近くのスーパーで、先日買い忘れたものを買った。

稽古中は、アルバイトも制限されて貧乏なので、自炊が多くなる。学生時代の自炊の経験が、こんな時に役立つものだ。

肉のコーナーに行ったら、ロースの切り身が3つ入ったパック(450g)が、なんと280円で売っていた!えー!?この前、切り身は高かったから、細切れで我慢したのにー・・・。

そばにいた店員さんに、愚痴ってみたら、

「広告に載せてましたよ。」

家に帰って、新聞折り込み広告をチェックしたら・・・ガーン!!見事に載っているじゃありませんか!!しかも、今日から販売・・・。あー・・・あれをチェックしていたら・・・細切れなんかでなくて、ロースでポークソテーとか、貧乏なりに豪勢にいろいろできたわけだ。チェックと計画性の甘さで、細切れを使った肉野菜炒めだよ・・・(これはこれでうまいが)

プランと言う言葉は、演劇の役作りにもある。どんなキャラか、セリフをどのように言うか、どのようか感情で、どんな音で言うか・・・これにもプランがあり、うまくいかないと、しっかりと演出に指摘される。僕は、この前、しっかり注意された・・・(とほほー・・・)

稽古は、今日から立ちに入った。
演出の「プラン」がいろいろ披露され、役者がそれに合わせて動く。もちろん、すべてのプランがうまくいくはずもなく、いろいろと修正が入る。そうなのだ。プランは大切だが、思った通りにすべてがうまくいくはずもなく、これからが戦いである!

気がついたら、本番まで一か月ちょっと・・・。

本番は、11月20日~24日まで。あ!これだけは、絶対に動かないプランでありますから、皆さんよろしくお願いしますね♪

原田務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-10-17 00:23

「天守物語」 献立 (壱)

f0189321_273655.jpg

役者という素材が集まり、台本のもと、板前(演出家)の調理が始まって2週間。
色々な素材同志、夫々の個性が溢れ出し、相まって、模索の日々が続いております。
今回、集まった素材の一つ一つは、どれもこれも、旬で美味しそう…。

今日の「稽古場のぞき穴」から見えるのは『読み』と言われる作業です。
『読み』は、料理でいえば下ごしらえの様なもの…この下ごしらえは、手を抜けない重要な作業で、眼にも口にも美味しい料理を作る為には欠かせません。
ああでもない、こうでもないと手を加え、模索し、、、それはそれはワクワクする作業です!

最終的に、どんな献立が皆様の前に現われるのか?!
…今は全くわかりません。
でも、一つだけ解っているのは、、、、、恐らく皆様が今迄に巡り逢ったことのないような、
唯一無二で夢の様な献立を、お出し出来るにちがいありません。
どうか、楽しみにお待ちくださいませ。

そして【「天守物語」 献立 (弐)】のご報告も次の機会まで、しばしお待ちを、、、。


# by yugikukan2 | 2008-10-15 02:07 | 稽古場日誌

☆もう、言っちゃうけど・・・☆

今まで、何度かここに書いたけど、なんか恥ずかしくってちょっと客観的に見た風な書き方をしてました。でも、今日は書いちゃいます。

みんな、好きです。

だって、素敵な方ばかりなんですもん。ホントね、言葉では言えないのよ。
皆と一緒に芝居ができて嬉しい。嬉しい・・・

みんなにありがとう・・・

∞崖の上のポニョ∞

追伸:ちょっと、訳のわからないことを書きましたが、今日はお許しくださいませ。
# by yugikukan2 | 2008-10-14 01:35

ここは、どこじゃ。

f0189321_113846.jpg

お風呂?!
そうです。私達の稽古場の一つが、お風呂屋の二階にあります。

演出家が和室大好きで、いつも40畳程の和室で稽古です。その中の一つ。
やっぱり畳は落ち着きます。

お尻の下からジンワリと暖められている感じで、稽古に熱が入ると冬でもクーラーを使いたくなる程…。
今日も、モア~ッと暑かった、、、。

下では裸でコミュニケーション、上では芝居でコミュニケーション!
想像してみると何とも面白い風景です。

夏なら、稽古あがりに一っ風呂浴びて汗を流したいところです。
まだ一度も流したことはありませんが…。
稽古とは関係ありませんが、因みに本日おもてなしのお湯は「玉露カテキン」でございました。


# by yugikukan2 | 2008-10-11 01:11 | 稽古場日誌

物語

稽古が始まって早くも1週間。この間、演出家が俳優に言い続けていることは一貫して「特定の様式を持たない我々現代演劇の俳優が、普通に等身大に演じたのではこの劇は到底成り立たない。自分を一度ゼロにして、泉鏡花の言葉に出会うこと。泉鏡花の言葉を手がかりに、自分を脱却すること」ということである。
昨日も、劇中発せられる様々な語彙について指摘がなされた。その中でも特に私の印象に残ったのは、「もの」という語彙についてである。劇中、それは「ものも案内」という形で台詞の中に登場するのだが、考えてみればこれは我々全員がもっともっとこだわるべき言葉なのだろう。
本作はその名も『天守物語』。さる天守に住む「もの」たちについての語りであるのだ。その「もの」たちを我々が語るのか、またはその「もの」たちが我々をして語らせるのか、ともかく我々はその「もの」たちと付き合わねばならない。その「もの」たちを扱わねばならない。

「もの」の意味を古語辞典に尋ねたついでに、「もの」を接頭辞とする複合語の一群を眺めていたら(それだけでも結構楽しい)、「物の師」なる言葉に出会った。芸能の師を意味するという。むべなるかな。

話は変わるが、このところ、ちょっと飲み過ぎかも知れない。考えよう。

田中裕太郎
# by yugikukan2 | 2008-10-10 16:30 | 稽古場日誌

☆本日もお疲れ様でした☆

今日の「読み」は凄かったですね・・・
何か、異国にいるみたいな・・・と言ったら大袈裟かもしれないけど

あたしには出来ないな・・・残念だけど。。。。

でも、いつかはやってみたいねぇ、姫!!こうなったらどっちでもいいや、亀でも富でも(笑)

悪いけど、絶対ないからこんなこと書くのよ(笑)

明日は平常さんの人形劇<天守物語>の折り込みに行って稽古に行きます♪

おやすみなさいまし。。。

崖の上のポニョ
# by yugikukan2 | 2008-10-10 01:04

曜日感覚がない!!

初めてのお休み…と姫さまが書いておられました。

そう、水曜日が稽古休みなのであります。

しっかし、なんだかこの頃曜日感覚がゼロでして…。あれもやらなきゃいけない、これもやらなきゃいけない、次の稽古までに悩まなきゃならないことが山積みです。

初めての篠本演出…初めての泉鏡花…うふっ、早々に壊れかけています。

内容、濃いですよぉ~。
私も、「天守物語」の1本の柱となれるかしらん?

でもね、やっぱり芝居の稽古といったら、終了後の飲み会!!

貧乏につき、あまり参加が出来ていませんが、これからはがっつり参加したいと思います(単に飲みたいだけ…^^;)

とにもかくにも全力で稽古に取り組む以外にない。

言葉を大切にしている鏡花。改めて日本語の美しさに感動し、かつ戸惑っているところです。



あ…チラシの写真…私もかなり前のです^^; 堪忍ね~。


リーフチャイルド@萩
# by yugikukan2 | 2008-10-08 14:09 | 稽古場日誌

初めてのお休み

稽古が始まって6日。え?・・・もう6日???

今日は初めてのお休み。寒くなってきたから衣替えしなきゃ。DMの準備もしなきゃね。
洗濯機から溢れかけている洗濯物を片付けなきゃ。それからあれやって、これやって・・・
と思っていたが、甘かった(。>0<。)ビェェン

宿題が多すぎてそれどころではない。
★ 昨日の駄目出し ★
「それじゃぁ、ふっち~がしゃべってるって感じ。もっと違う声を使って。何かが足りない、何かが。」

演出家から、いつもの「例えばね・・・」が出て来ない。
お願いします。ヒントを下さい。神様、仏様、篠本さまぁ~。
おぉーo(* ̄○ ̄)ゝーーーーーーいっ!

昨日は飲み会に参加し、帰宅してお風呂に入りながら、台詞をブツブツ言ってみた。
ふっち~じゃない亀姫を求めて。
ブツブツブツ・・・「おい、それじゃぁおばあさんだよ」
ブツブツブツ・・・「それってギャグでやってるの?」
と自分で駄目出しを言いながら・・・

いつの間にか夜中なのに大きな声になっていた。お風呂で声が響く。
隣近所の皆様、ごめんなさい。どうか暫くお許し下さい。

ふっち~@亀姫
# by yugikukan2 | 2008-10-08 08:36 | 稽古場日誌

相棒

f0189321_1274220.jpg


2ヶ月間、役者と寝食を共にする相棒を紹介します。
「天守物語」の台本です!

前回の舞台、「夜叉ヶ池」の青に続き、「天守物語」は赤一色の台本になりました。

ページ数は66ページしかないけれど、情報は未知数!
この台本が、一ヶ月半後には、何もない空間に一つの世界を創り上げるのです。
これから一ヶ月半、この本がボロボロになるまで試行錯誤を繰り返し、皆で良いものを生み出す作業が続きます。


# by yugikukan2 | 2008-10-08 01:27 | 稽古場日誌

☆写真にはふれないで!☆

悪いけど、あたし、10年前の写真だから(笑)
実は、今より15キロくらい痩せてた(ピース)
でもね、ふっち~は今回の写真の方がいいと思う。やっぱり髪型は時代を消せないもん(笑)

ま、そんなことはどうでもいいですが、もう稽古から5日経っちゃったんだ・・・ってかんじ。
自分がどうやりたいのか、正解なんてないだろうけど何が正解なんだろうと考えてます。。。。
ホント、みんな余裕あるよね・・・
いろんな意味で余裕ないからまっすぐ帰ってるもん☆

でも負けないぞ~!
薄(すすき)さん、ちくしょ~!おもしろいぞ!!!

でもがんばるもん!

∞崖の上のポニョ∞
# by yugikukan2 | 2008-10-06 23:55

みんな元気だ!!

写真の話題で盛り上がっておりますが・・・私は頑張って締め切り前日に撮り直しましたよ。

でもね、演出家には「前の方が良かったな」と言われ、
「陽子ちゃん、またこの写真使ってるの?いい加減撮り直しなよ」と言っていた、ぽにょちゃんは
私の古い写真よりも前のものを使っていたぞ!!かわいいぞぉ!!あぁ、ちょっと後悔だぁ。

・・・まぁそれはいいとして、稽古は順調に進んでおりますよ。私以外はね(泣き・・・)
今日なんて、何だがロレロレで同じ台詞を5回位言い直してしまったよぉ。

稽古が終わると結構いい時間なのですが、とにかく夜型人間が多いので、毎晩のように飲んで
いらっしゃいます。今日ももちろんありました。みんな元気だ!!

明日こそ、「これだ!!」という本読みをしたいものです(反省・・・)

ふっち~@亀姫
# by yugikukan2 | 2008-10-06 23:32

友人より

舞台のチラシも出来上がって、少しずつ知り合いに知らせているのだが、まだ、知らせていない友人から、先に連絡があった。彼は、今まで僕が出演した作品は、舞台も映像もほとんど見てくれていたのだが、今年の夏に大阪に転勤になり、今回は来られるかどうかわからない。

ところが、たまたま遊戯空間のWEBを見て、僕がまた出演させていただくことに気付いたのだ。

「おめでとう。今回は、チラシに写真が入ってるんだね。・・・それでさ・・・俺の知ってる役者がいるみたいなんだけど、なんか顔が皆ちがくねー?」

「・・・・俳優はね、写真うつりのいい写真をつくって、一番いいやつを使うんだよ。」

「いや、それはそうなんだけど、うつりの良さよりも、時代の変化を感じるんだけど(笑)・・・それにしてもさ、それならお前も、もっとうつりがいいやつ使えよ!なんであんなに疲れた顔してるわけ?」

「いや、まあ硬いこと言うな(笑)」

「これは、先輩役者も皆読むから、大きな声では言えないが、実はチラシの写真はみんな映りがよい。時代に関してはノーコメント。でも、本人て分からないほどではない。舞台に立っている役者を、チラシの写真と照合しても、分からないということはないだろう(たぶん)。だから、詐欺ではない。ちょっと誇大広告なだけ。
他の劇団なんて、もっとひどいのいっぱい見たぞ!まったく面影が残ってない写真を使い続けてる人もいるし!でもね、僕らが売るのは、演劇であって演技だから、それくらいいいのだ!」

なんて言い訳をしながら電話で話していた。久々に連絡があったと思ったら、そんな突っ込みばっかかよー!と思ったら、僕の反応を十分に楽しんだ友人は、

「大阪で遠いからさ、いろいろ調整しなきゃいけないけど、行くようにするよ。お前の舞台観たいしな。がんばれよ!」

遠方にいる友人の温かい言葉。そんな一言が、今日の稽古のモチベーションにつながっていくのであった。

原田務@山隅九平
# by yugikukan2 | 2008-10-06 11:09