人気ブログランキング |

子宝善哉 稽古快調

子宝善哉の稽古、快調に進んでます。
現在は、読み合わせの真っ最中。

まず、このお芝居が現代劇としてお客にどう届くのか、
そのテーマの掘り下げです。

ドラマは生き物です。
8年前に一度上演したものが今回新たな場、新たな役者を得て、
どうよみがえることができるのか。

そして、各々の役割分担、アンサンブルを確認することも大切です。
それぞれの役がドラマにおいてどうかかわるべきなのか。
各場面でのそれぞれの立場の確認。

さらに細かい言葉のニュアンスもチェック。
この芝居は時代劇の形をかりた寓話劇であり、また、「子殺し」という現代の問題を扱った現代劇でもあります。

「親の暴力」
「血の繋がり」

そういったテーマを明確にあらわすことばとはいったいどんなものでしょう。
俳優の声をてがかりに細かい点検をしています。
それは作者の描こうとした世界に磨きをかけることになります。

またこの時期に大切なのは、チーム内の信頼感を高めること。
個々の特徴を知り、演劇観、人生観を理解し、これからさらに行われる稽古場でのやり取りが確かなものになるように、人間関係の足場を固めます。

今日が読合わせの最終日、明後日からは荒立ち稽古になります。
by yugikukan2 | 2013-07-30 05:08 | 稽古場日誌
<< 子宝善哉 荒立ちはじまる めっきり寒い日が続いておりますが >>