体力勝負!

本番まであとひと月というこの時期の先週末、土曜、日曜に通しをしてみました。

いまのところ合計時間は二時間十分ぐらいなのですが、これがまあ、終わってみるとへとへとになるわけです。

お伝えしている通り、本来丸一日かけてやるものをたった二時間でやろうというのですから、その時間の荒波のなかで、俳優はものすごく体力を消耗します。

かといって精神的にダウンするような疲れ方ではないのです。

物語にカタルシス(浄化作用)があるので、疲れはするが、達成感もものすごくあるわけです。

それは過酷なフルマラソンを走っているような感じなのでしょうか。

通しの時間もちょうど男子マラソンのタイムぐらいですね。

十一段あるわけですが、そのどの段にもクライマックスがあります。

そして、類似する段がないので、物語が停滞することはありません。

トラック競技と違い、マラソンはコースの風景が変わっていきますが、それに似ているのでしょうか。

また、今回の演出で、誰もが何役かこなすわけですが、これがまた忙しい。

歌舞伎の場合は、衣装替えがあるので、できないような二役も、今回はリーディングですから、それができるわけです。

そのあたりの早変わり?も見どころかもしれません。

篠本
by yugikukan2 | 2012-11-12 08:58 | 稽古場日誌
<< 立ち稽古開始、そして 合流 稽古快調! >>